医業研修会のご案内
平成26年 医業継続のための相続・事業承継対策
〜認定医療法人制度と相続税・贈与税の納税猶予等の特例措置〜
 今回の税制改正において、医療法人の出資持分に係る相続税の納税猶予の制度「認定医療法人」が新設されました。「持分あり医療法人」から「持分なし医療法人」へ移行するこの制度は、10月1日より厚生労働省の受付がスタートしております。
 平成27年から始まる相続税の大増税に対し、認定医療法人制度の活用と持分あり医療法人の相続税対策について、分りやすく解説いたします。
 税理士法人鯨井会計では今回のセミナーを通じて、病医院の経営改善の一助となれば幸いと考えております。医療法人の出資者および理事長、経営幹部の皆様方のご参加を心よりお待ちしております

講師:青木惠一(あおきけいいち)先生
MMPG理事長 税理士法人青木会計代表社員

◇略歴◇
厚生労働省医政局委託の医療施設経営安定化推進事業「出資持分のない医療法人への円滑な移行に関する調査研究(平成22年度)」及び「医療法人の適正な運営に関する調査研究(平成25年度)」の企画検討委員会委員長を歴任など

日時: 平成26年11月12日(水)18:00〜20:30
(受付18:30〜)
会場 つくば研究支援センター / つくば市千現2-1-6
講師: 青木 惠一 先生
受講料: 無料
定員: 90名※会場の都合上、定員になり次第締め切りとさせていただきます

お申込み後、案内状・地図等をお送り致します。
主催: 税理士法人 鯨井会計
〒305-0051 つくば市二の宮3-7-5
TEL 029-856-8066  FAX 029-858-4452
URL http://kujirai-kaikei.com
医業、医院、クリニック、歯科、医療法人の会計や経営の悩み_資産の運用方法