相続対策・相談なら鯨井会計/茨城県つくば・下妻を中心に展開

都道府県から主要都市への実地指導の権限委譲。
指定基準の地方分権化。
国保連の通報データに基づいた不正アラームの活用。
更には、平成27年に再び訪れる介護保険法と
介護報酬のダブル改正は前回以上の激震となるのか。
すべての介護事業経営者、責任者、職員必聴のセミナーです。

■ セミナー内容
  •  介護報酬改定後の実地指導の実際
  •  サ責の兼務が指定取消に発展した事例
  •  急増する高齢者住宅併設型の不正と対策
  •  介護職員処遇改善加算の基準期間とは
  •  急増!特定事業所集中減算の報酬返還
  •  利用者負担2割、ケアプラン1割負担へ
  •  予防と軽度者切り捨てへ進む改正議論
  •  初任者研修制度とキャリア段位制とは
  •  生き残りのための経営計画のすすめ。
■ 講師

「通所介護&リハ」「訪問介護サービス」 「デイの経営と運営]ほか多数連載中

つくば下妻の相続対策なら鯨井会計グループにお任せください 講師 小濱 道博(こはま みちひろ)

C-MAS 介護事業経営研究会最高顧問/小濱介護経営事務所代表 (社)日本介護経営研究協会専務理事/(社)介護経営研究会専務理事 介護事業経営セミナーの開催実績は北海道から九州まで全国で年間200件以上。延10000人以上の介護業者を動員。全国各地の介護保険課、各協会、社会福祉協議会主催での講師実績も多数。著書は「介護福祉経営士基礎編U・介護報酬実務」「まるわかり!介護報酬改定」「デイサービス開業・運営のしかた(共著)。講演DVDも多数発売中。

■ セミナー詳細
 日 時 : 平成 25年 8月20 日 (火) 18:30〜20:30 ( 受付18:15〜 )
 場 所 : つくば研究支援センター  茨城県つくば市千現2−1−6
 受講料 : 無料 
 定 員 : 50名(定員になり次第締め切ります)
お申込み後受講票、地図等をお送りいたします
お申込みFAX用紙はここをクリックして印刷して下さい。